エイジングケアの一品にお勧め!頬にハリを取り戻そう!

元々童顔で年齢より若く見られることも多いのですが、やはり年齢には勝てません。自分で少しずつ鏡を見て目元のシワや重力に逆らえないたるみなどが、気になり始めました。特に頬あたりのハリ、ほうれい線などが気になりました。

私が使った化粧品は再春館製薬所のドモホルンリンクル、それから資生堂のエリクシール、シュペリエル、エンリッチドセラムの美容液です。

ドモホルンリンクルは有名ですね。資生堂のコスメは篠原涼子さんがCMされていた商品といえばおわかりいただけるでしょうか。

頬のハリをアップさせるケア方法


使い方は普通の美容液とは少し違い、まず美容液を手に取り、両手で頬にあて、ぐっと引き上げるように肌になじませます。そうしていると美容液がだんだん重く感じるようになり、更に頬の皮膚を持ち上げるようにマッサージしていきます。この段階がかなり心地よいです!

使い始めたのが秋でしたので、保湿効果も狙って、また化粧品店の方から勧められたのもあり購入にいたりました。

このハリアップケアで得られた効果


使い始めて、商品を一本使い切る前にしっかり効果を感じられました。2〜3週間位たってからでしょうか、職場の人や友人からも肌のツヤを褒められたり、とにかく夜のケアでつかった翌日の化粧ノリが以前と全然違っていました。保湿効果が効いたのか自分でも肌のハリも感じられるようになりました。肌の色も明るくなった気がします。

今まであまり化粧品の効果に満足できなかったのですが、自分でもこの効果にびっくりしています。これからのシーズンのエイジングケアの一品としてどうぞお試し下さい。

ドモホルンリンクルとエリクシールシュペリエル、どちらがおすすめ?

domohorn

elixir

今回私が試したのはドモホルンリンクルとエリクシールシュペリエル。どちらも確かなハリ肌効果を実感できました。

ただ、テクスチャーがかなり違っていて、好みで言うとドモホルンリンクルが好きでした。

エリクシールシュペリエルは、乳液がかなりさらっとしていて、保湿しているフィーリングとしてはちょっと物足りない感じなんですよね。

その点、ドモホルンリンクルはゴージャスそのものです。しっかりと潤いを閉じ込めてくれているのがわかります。

選ぶに当たっては、それぞれ口コミを参考にしました。

ドモホルンリンクルの口コミ

エリクシールシュペリエルの口コミ

頬がたるむ原因

そもそも頬がたるむ原因は、「水分量が下がる」「表情筋がおとろえる」「肌が乾燥する」の3つが大きく挙げられます。

このうち表情筋はしょうがないんですけど、水分量と乾燥対策は化粧品でおこなうことができます。

頬をリフトアップする化粧品の選び方

ですので、対策としては、保湿力が高い化粧品を選ぶこと。オールインワンジェルなどはやはりちょっと保湿力を高めるのには向いていません。

なるべく浸透力のある化粧水と、
適度な油分で水分を閉じ込めてくれる乳液・クリーム。

この2つを別個で使うのがなんだかんだいって大事なんですよね。

その点、ドモホルンリンクルとエリクシールシュペリエルはどちらも優れた化粧品です。

頬にハリが出ると若さが変わる!

ブルドッグみたいな頬になると一気に顔って老け込みます。マリオネットラインが出たら危険信号です。

逆に、頬のハリが戻ると、それだけで見た目年齢5歳は若返りますよ♪
なるべく早くから頬のハリ対策には気をつかっていきましょうね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
FX